当院の特徴|沼津市添地町で歯科をお探しの方は増山歯科医院まで

診療時間
9:00 ~ 12:00 / / /
13:30 ~ 18:00 / / /

休診:水曜、日曜、祝日

〒410-0803
静岡県沼津市添地町125

tel.
055-962-2176
  • 地図
  • メニュー

インプラントとは?

気になったら、まずはCT検査診断を!
沼津市添地町・増山歯科医院

副院長は、
皆川インプラントアカデミークラブによる
「マスターコース」を修得しています。

「皆川インプラントカアカデミークラブ」とは?
ドイツのカムログインプラント社 のオフィシャルインストラクターであり、神奈川歯科大学の客員教授でもある皆川先生によるインプラント治療を中心とした東京で開催しているスタディグループです。

インプラント治療とは?

沼津市添地町・増山歯科医院

歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根を埋め、人工の歯を装着する治療法です。顎の骨に直接固定するので、入れ歯に比べると噛みやすく、まるでご自身の歯のように食事や会話を楽しむことができます。

精密な治療のためにインプラントガイドシステムを導入しております

沼津市添地町・増山歯科医院沼津市添地町・増山歯科医院

模型データとCTデータを合わせ、設計通り・ピンポイントに埋入

インプラントは、『正確な場所』に深さや角度のずれが無い状態で人工歯根を埋入する必要があります。なぜなら、ほんのわずかな数mmのズレが神経や血管を傷つけることにつながるからです。

当院では、精度の高いインプラントガイドシステムを作製しております。精度の高いインプラントガイドを使用することで、重要な神経や血管を避け、より正確に埋入することができます。
さらに、ガイドを製作する際に歯科医師と歯科技工士が連携できる「エールガイド」システムを活用することで、CTのデータをパソコンに取り入れて精密なガイド製作を行っています。

カムログインプラントシステム

当院で採用している「カムログインプラントシステム」は、インプラント先進国であるドイツにて長期の研究や臨床データに基づいて開発されたインプラントです。ドイツシェア№1のメーカーであるカムログインプラントは歴史もあり、実績と信頼のある会社です。

「カムログインプラント」の特徴

沼津市添地町・増山歯科医院
  • 高品質のチタン製なので、身体への親和性が高い
  • ネジが緩みにくい構造になっており、精度が高い
  • しっかりと固定されるため、フィット感が高い

治療の流れ

STEP1
カウンセリング

まずは、ご不安やご希望などしっかり伺います。そののち、CT撮影などを行い、歯や顎の骨の状態を診査・診断します。

STEP2
手術開始

手術では、歯ぐきを切開して顎の骨に穴を開け、インプラントを埋め込みます。
その後は、2~6カ月ほどインプラントと骨が結合するのを待ちます。

   
STEP3
人工歯の装着

アバットメントに人工の歯を取りつけます。
これでインプラント治療は終了です。

STEP4
定期的なメンテナンス

メンテナンスが不十分だと、溜まった汚れからインプラント歯周炎を起こし、最悪の場合インプラントが抜けてしまいます。そのため、必ず定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。

入れ歯

入れ歯でお悩みの方はまずご相談を!

入れ歯は、失った歯を補うものです。
丁寧なカウンセリングと、診査・診断により装着感がよく、見栄えのよい入れ歯をお作りします。
入れ歯を作る前に準備の治療が必要な場合があります。その治療を終えてから初めて入れ歯作りを開始します。
そして、できあがった新しい入れ歯を長くご使用いただけると、大変嬉しく思っております。

入れ歯が必要な理由

  • かみ合わせをよくする

    1本でも歯を失ってしまうと、残った歯は徐々に移動し始め、かみ合わせが悪くなり、口腔内や体のトラブルを起こしかねません。

  • 周囲の歯のむし歯、
    歯周病を食い止める

    歯を失ったことで歯が移動をはじめると、歯間が広くなりむし歯や歯周病にかかりやすくなることもあります。

  • 胃腸へ負担がかかる

    歯を失うと、咀嚼効率が悪くなります。食べ物がきちんと処理されず、胃や腸にも負担をかけることがあります。

  • 沼津市添地町・増山歯科医院金属を使った総入れ歯
  • 沼津市添地町・増山歯科医院金属を使った部分入れ歯
  • 沼津市添地町・増山歯科医院プラスチックの総入れ歯
  • 沼津市添地町・増山歯科医院プラスチックの部分入れ歯
金属を使用するメリット
金属部分は、プラスチックとは製作方法に違いがあり、薄く作ることが可能です。そのため、違和感が少なくお口にぴったりした装着感のある入れ歯を作ることができるのです。ほかにも、いろいろなメリットがあります。詳しくは診療の際に、ご説明いたします。

小児歯科

お子さんの歯は大人の歯よりも弱いため、むし歯の進行も早いことが特徴です。

お子さんの大切な歯を守るための取り組みについて

1フッ素塗布

沼津市添地町・増山歯科医院

丈夫な歯にするために!

「フッ素」とは、歯質を強化する性質を持った物質です。
乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いため、フッ素塗布により歯を溶けにくくしむし歯に負けない丈夫な歯にしていく必要があります。定期的に、フッ素塗布だけのために来院されるお子さんも多くいらっしゃいます。


2シーラント

沼津市添地町・増山歯科医院

むし歯予防のために!

奥歯は、複雑な構造のためどうしても磨き残しが多く、むし歯になってしまうことも多い箇所です。この溝を「レジン」というプラスチック素材で埋めることで、汚れが溜まらないようにします。乳歯から永久歯に生え替わるタイミングで行うことをおすすめしています。


3レーザー治療

沼津市添地町・増山歯科医院

上唇小帯(すじ)の異常や粘液のう胞(水ぶくれ)ができてしまった場合に、レーザーを用い、痛みを抑えて簡単にきれいにすることができます。メスで切開し縫ったりすることなくでき、お子さんの小帯の状態に合わせて、最適な治療を行ってまいります。気になる場合は、一度お気軽にご来院ください。

こんな状態になっていませんか?

  • 上唇小帯の異常

    小帯(すじ)が長い場合

    そのままにしておくと、上の前歯の間に隙間ができ、汚れがたまりむし歯になりやすくなってしまいます。将来的に、歯並びや咬み合わせに悪い影響を与えることがありますので、注意が必要です。

  • 舌小帯

    舌小帯が短い場合

    舌小帯(舌の裏側のスジ)が生まれつき短かったり、舌の先端部に近いところについていると、発音障害や哺乳障害、嚥下障害などになる可能性があります。レーザー治療で、改善していきましょう。

  • 粘液のう胞

    唇の粘膜が、丸く膨れあがり中に唾液がたまることで、できた袋(のう胞)です。
    唇の粘膜の下には、唾液を分泌するための腺があります。唇を噛んでしまってその唾液腺が傷つくと、唾液が唇の粘膜の内側にたまり、粘液のう胞ができてしまいます。

  • メラニン除去

    歯ぐきが黒い場合

    メラニン除去という色素により、歯ぐきが黒くなる場合があります。原因は様々ですが、このような場合もレーザーで黒ずみを除去します。繰り返し照射することで、もとのきれいなピンク色の歯ぐきに生まれ変わります。